乾燥肌に自家製の化粧水パックが効果的

私は子供のころから乾燥しやすい肌で、いつもかさついていたり部分的に粉を吹いてしまうこともあり、スキンケアにはかなりの時間をかけていました。

乾燥肌用の保湿化粧品を使うことはもちろんですが、肌が疲れていたり、かさついているときは、化粧品の浸透も悪いですね。

そのため、どうすれば肌に化粧品が浸透しやすく、潤いのある肌になれるのか、いつも考えていました。

以前、なんとなく購入した保湿用のパックを使用してみたところ、いつもより肌の調子が良くて、朝になっても肌が潤って乾燥していなかったのです。

思わず、化粧水が肌の奥まで浸透していなくて、乾燥しているのかもと思いました。

そこで、毎日購入してきたパックを使用することはできないので、自分が使っている化粧水でパックを作ることにしました。

パック用のシートを購入し、化粧水をしみ込ませて肌にパックをしてみたら、いつもよりも潤いのある肌になり、肌自体も柔らかくなっていったのです。

これは乾燥肌に効果があるかもと思い、できる限り毎日、化粧水のパックを作ることにしました。

毎日、化粧水パックをしているうちに、以前よりも乾燥が気にならない肌になっていき、肌の色もワントーン明るくなっていました。

そして、さらなる乾燥肌対策のために、より保湿できるパックを作ろうと考え、セラミドとヒアルロン酸の原液を購入しました。

それを気分に合わせて、セラミドやヒアルロン酸の原液をパックに含ませて使用しています。

どちらも保湿力が高い成分なので、より保湿力の高いパックを作ることができました。

現在は、外気が乾燥していたり、体調が悪く疲れている日でも粉を吹いたり、かさつくことがほとんどなくなりました。

毎日パックを作るのは面倒になる日もありますが、日課にしてしまうと、パックをしない日は肌の乾燥が気になってしまうので、できる限り行うようにしています。

化粧水パックをすると水分が肌に浸透していくので、毎日行っていけば、必ず肌の状態は良くなるものなのだなと思っています。

あと、心配なのは授乳中のサプリメントは大丈夫なのかということです。

ママ友の友人に聞いたら、全然大丈夫だと言っていたので、ちょっと安心しました。